知らないことを調べるブログ

映画の分からないところを調べてまとめる場所にしていきます。

「jエドガー」物語はおもしろいのにアーミー=ハマーの老人演技で興ざめ

 jエドガー(2011)を観た。パートナーの、クライドの特殊メイクがサンゲリア(1979)のサングに見えて気持ち悪い。

 同じような感想をもった人がいた。

フーバーとガンディの老人メイクに比べ、
クライドだけが、皮膚のマスクをかぶった変装チックに
見えてしまう。そしてやっぱり目はどうしようも
ないのかな。年寄りの目に見えないというか、
違和感がある。

[「孤独を愛せる人: 2012年1月」]

J.EDGARでの主役は老けメークが濃すぎて見ているだけでこちらの顔までこわばって、おまけに相手役のアーミー ハマーときたらエルム街のフレデイー クルーガーみたいなただれた顔で二人の場面はあまりに不自然だったと思いました。超ハンサムな2枚目を見たいのにがっかり。

[「風と共にハリウッド」]


 物語はおもしろいのに、アーミー=ハマーの老人演技で興ざめ。常に震えている。志村けんのコントのようだった。クリント=イーストウッドはめったにNGを出さないと聞いたことがある。あれはさすがにさあ、栗きんとん、ちゃんとNG出してくれよアンタ! とおもった。

 インセプション(2010)の渡辺謙も老人演技がひどかった。あれはクリストファー=ノーランのせいだと思っている。