知らないことを調べるブログ

映画の分からないところを調べてまとめる場所にしていきます。

評定と奨学金

 高卒認定試験に合格すれば、高校卒業からしばらく経っていても大学入学前の奨学金を受ける資格が得られるかもしれない。在学中のやつしかだめだと思ってた。


 日本学生支援機構のホームページに予約採用の申込資格が書いてある。申込資格の(3)には「いつ受かったか」が書いてない。

1.大学に入学する前の申込み(予約採用)
第一種奨学金(無利息)

申込資格:大学に進学を希望し、下記のいずれかに該当する人
(1) 平成26年3月末に高等学校又は専修学校(高等課程)を卒業する予定の人
(2) 高等学校又は専修学校(高等課程)を卒業後、2年以内の人で、大学・短期大学・専修学校に入学したことのない人
(3) 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定に合格した人(大学等へ入学したことがある人は除く)、科目合格者で機構の定める基準に該当する人、又は出願者

学力基準:
(1) 高等学校又は専修学校高等課程の1年から申込時までの成績の平均値が3.5以上
(2) 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定に合格した人、又は科目合格者で機構の定める基準に該当する人

大学で奨学金の貸与を希望する方へ-JASSO


 機構の定める基準って? という疑問に答えるのが下のページ。要するにオールAを取ればいい。僕は高卒認定試験の過去4回分を来年の3~4月ごろ満点にするつもりで、センターに使わない科目はなんとなくやっておきたい程度の趣味だよなー、と悩んでいたけれどそれがストレートに活かせるかもしれない。

3.5、というのは高校の内申書の評定なので、高認の評定をそれに置き換えてみると、0~20%が1、20~40%が2、
40~60%が3(上の高認の評定でいうとC)、60~80%が4(B)、80~100%が5(A)ということになると思います。
(中略)
しかし、高認の評定をどのような基準で審査しているかということについて、機構の定める基準によるとしか書かれていないため、
もしかしたら上のとおりではないかもしれませんが、とにかく言えることは、奨学金を受給したいと考えている人は、
なるべくいい点数を狙ったほうがいいということだと思います。

評定と奨学金


 奨学金の申込期間を考えると高卒認定試験を受ける日程は1年後の2014年11月頃になる。

申込期間

第1回(第一種奨学金、第二種奨学金):申込書類の請求期間:5月1日~7月5日

奨学金の予約の申込方法【高等学校卒業程度認定試験合格者、大学入学資格検定合格者】-JASSO

第2回高等学校卒業程度認定試験 実施日程
受験案内配布 平成25年7月22日(月)~予定
出願期間 平成25年9月2日(月)~9月17日(火)
※9月17日(火)の消印有効
試験実施 平成25年11月9日(土)・10日(日)
合格発表 平成25年12月6日(金)発送予定

実施日程・時間割 高卒認定(高認)試験 - 高卒資格.com


 目標ができた。さかのぼって考えるとたぶんこんな感じで、

・2014年11月頃に高卒認定試験でオールAを取る
・・・
・来年の3~4月ごろ過去4回分の全科目を満点にする
・来年1~2月にセンターと二次を家で受ける&設問を理解する
・12月末までに高校入試の過去問4回分を満点にする

これを下からやっていく。高卒資格と高卒認定試験をほんとうに併用できるのかわからないけれど、まあ無益なことはないんじゃないのーと思う。高卒認定試験を受けたあと母校に連絡して恩師に相談したいなーと怖気づく。(いま連絡して「あなた本気なの?」とか聞かれるのがこわい)


>>いま連絡して「あなた本気なの?」とか聞かれるのがこわい

 あ!おれ山月記の虎に近づいてる!と気付く。「ある程度力がついてから始めよう」はバカだってわかってる。わかってるのに行動しない愚かさみたいなのをチクチク突く映画は黒澤明の「生きものの記録(1955)」だった。