読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らないことを調べるブログ

映画の分からないところを調べてまとめる場所にしていきます。

法律の第1条にはその法律の目的が書かれている場合が多い

 荻上チキがpodcastでこんな話をしていた。それを聞いて「法律の第1条って特別なの?」と思って調べてみると、「法律の第1条にはその法律の目的が書かれている場合が多い」ということがわかった。

「先ほど民主主義という話がありましたけど、これは抽象的な大きな話でも何でもなくてですね。放送法の一条に、『放送が健全な民主主義の発達に資するようにすることが、放送法の役割』というふうにまず明記されているので、放送を通じて民主主義を良くしようっていうのはまず、放送そのものの役割、大前提としてあるわけですね。そうしたようなものを今回の件を含めて、改めて議論しよう、それはNHKの中も外も含めてということなんですが。」

2014年01月28日(火)「NHKを考える第2弾」(ディスカッションモード) - 荻上チキ・Session-22


 まず、「法律の第1条ではその法律の目的を規定することになっている」みたいな記述を法学検定の問題集から探してみたが、そういう記述は無かった。次に、高校世界史・高校日本史の教科書から探してみると、法律関係の古い文章が紹介されるとき第1条を例にだす場合が多いことに気付いた。

ハンムラビ法典
1条.人がもし他人を死刑に値するとして告訴し、しかもこれを立証しえないときは、告訴人は死刑に処せられる。
53条.自己の堤防を……
マグナ=カルタ(抜粋)
1. まず第一に、朕は、イングランドの境界は自由であり、その権利を減ずることなく、その自由を侵されることなく有するべきことを、神に容認し、この朕の特権状によって、朕および朕の後継者のために永久に確認した。……
12. いかなる……
ルターの九十五カ条(抜粋)
1.われわれの主にして師たるイエス=キリストが、「なんじら悔いあらためよ」というとき、信徒の全生活が、改悛であらんことをのぞんでいるのである。
82.もし、教皇が……
権利の章典(抜粋)
 議会の上下両院は……古来の権利と自由をまもり明らかにするために、次のように宣言する。
1. 王の権限によって、議会の同意なく、法を停止できると主張する権力は、違法である。
4. 国王大権と称して……
人権宣言(抜粋)
第1条.人間は自由かつ権利において平等なものとして生まれ、また、存在する。社会的な差別は、共同の利益にもとづいてのみ、設けることができる。
第2条.あらゆる……
山川出版社(2010)「詳説世界史改訂版」

改新の詔
其の一に曰く、「昔在の天皇等の立てたまへる子代の民、処々の屯倉、及び、別には臣・連・伴造・国造・村首の所有る部曲の民、処々の田荘を罷めよ。仍りて食封を大夫より以上に賜ふこと、各差あらむ。」
其の二に曰く……
山川出版社(2010)「詳説日本史改訂版」

 その中で御成敗式目は趣旨が別に書かれてる。

式目制定の趣旨(北条泰時書状)
さてこの式目をつくられ侯事は、なにを本説として注し載せらるるの由、人さだめて謗難を加ふる事侯か。ま事にさせる本文にすがりたる事侯はねども、たゞどうりのおすところを記され侯者也。……この式目は只かなをしれる物の世間におほく侯ごとく、……武家の人へのはからひのためばかりに候。これによりて、、京都の御沙汰、律令のおきて、聊もあらたまるべきにあらず候也。……
山川出版社(2010)「詳説日本史改訂版」

 御成敗式目の書状の目的がこのページに書いてある。「御成敗式目は目的の補足説明が必要だった」というのが面白い。なんでだろ? それほど興味が無いのでそこそこにして本題へ戻る。「法律の第1条って特別なの?」

執権北条泰時は、六波羅探題として京都にいる弟の重時に二度にわたって書簡を送り、式目制定の趣旨を朝廷側に正しく理解してもらうように指示したのです。

’å‰iŽ®–ڐ§’è‚ÌŽïŽ|


 高校政治経済の教科書を読むと、ほとんどの法律の第1条に目的が書かれていることに気付く。

労働組合法(抄)
第1章 総則
第1条【目的】 ① この法律は、労働者が使用者との交渉において対等の立場に立つことを促進することにより労働者の地位を向上させること、労働者がその労働条件について交渉するために自ら代表者を選出することその他の団体行動を行うために自主的に労働組合を組織し、団結することを擁護すること並びに使用者と労働者との関係を規制する労働協約を締結するための団体交渉をすること及びその手続を助成することを目的とする。[②略]
第2条【労働組合】……
男女雇用機会均等法(抄)(雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等女性労働者の福祉の増進に関する法律)
【目的】
第1条 この法律は、法の下の平等を保証する日本国憲法の理念にのっとり雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保を図るとともに、女性労働者の就業に関して妊娠中及び出産後の健康の確保を図る等の措置を推進することを目的とする。
【募集及び採用】……
自衛隊法(抄)
【この法律の目的】
第1条 この法律は、自衛隊の任務、自衛隊の部隊の組織及び編成、自衛隊の行動及び権限、隊員の身分取扱等を定めることを目的とする。
自衛隊の任務】……
PKO等協力法(抄)(国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律
【目的】
第1条 この法律は、国際連合平和維持活動、人道的な国際救援活動及び国際的な選挙監視活動に対し適切かつ迅速な協力を行うため、国際平和協力業務実施計画及び国際平和協力業務実施要領の策定手続、国際平和協力隊の設置等について定めることにより、国際平和協力業務の実施体制を整備するとともに、これらの活動に対する物資協力のための措置等を講じ、もって我が国が国際連合を中心とした国際平和のための努力に積極的に寄与することを目的とする。
国際連合平和維持活動及び人道的な国際救助活動に対する協力の基本原則】……
地方自治法(抄)
第1編 総則
[この法律の目的]
第1条 この法律は、地方自治の本旨に基づいて、地方公共団体の区分並びに地方公共団体の組織及び運営に関する事項の大綱を定め、併せて国と地方公共団体との間の基本的関係を確立することにより、地方公共団体における民主的にして能率的な行政の確保を図るとともに、地方公共団体の健全な発達を保証することを目的とする。
地方公共団体の役割、国の役割及び配慮事項]……
日本銀行法(抄)
【目的】
第1条 ① 日本銀行は、我が国の中央銀行として、銀行券を発行するとともに、通貨及び金融の調節を行うことを目的とする。
【製作委員会の設置】……
財政法(抄)
【目的】
第1条 国の予算その他財政の基本に関しては、この法律の定めるところによる。
【収入・支出、歳入・歳出の意義】……
独占禁止法(抄)(私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律
【目的】
第1条 この法律は、私的独占、不当な取引制限及び不公正な取引方法を禁止し、事業支配力の過度の集中を防止して、結合、協定等の方法による生産、販売、価格、技術等の不当な制限その他一切の事業活動の不当な拘束を排除することにより、公正且つ自由な競争を促進し、事業者の創意を発揮させ、事業活動を盛んにし、雇傭及び国民実所得の水準を高め、以て、一般消費者の利益を確保するとともに、国民経済の民主的で健全な発達を促進することを目的とする。
消費者基本法(抄)
【目的】
第1条 この法律は、消費者と事業者との間の情報の質及び量並びに交渉力等の格差にかんがみ、消費者の利益の擁護及び増進に関し、消費者の権利の尊重及びその自立の支援その他の基本理念を定め、国、地方公共団体及び事業者の責務等を明らかにするとともに、…(中略)…国民の消費生活の安定及び向上を確保することを目的とする。
苦情処理及び紛争解決の促進】……
PL法
第1条 この法律は、製造物の欠陥により人の生命、身体又は財産に係る被害が生じた場合における製造業者等の損害賠償の責任について定めることにより、被害者の保護を図り、もって国民生活の安定向上と国民経済の健全な発展に寄与することを目的とする。
【定義】……
生活保護法(抄)
第1条【この法律の目的】 この法律は、日本国憲法第25条に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保証するとともに、その自立を助長することを目的とする。
第2条【無差別平等】……
国民年金法(抄)
国民年金制度の目的】
第1条 国民年金制度は、日本国憲法第25条第2項に規定する理念に基き、老齢、障害又は死亡によって国民生活の安定がそこなわれることを国民の共同連帯によつて防止し、もつて健全な国民生活の維持及び向上に寄与することを目的とする。
国民年金の給付】……
山川出版社(2010)「詳説政治・経済」

 第1条に目的が書かれていない法律では原則か定義が第1条に書かれている。

労働基準法(抄)
第1章 総則
第1条【労働条件の原則】 ① 労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすべきものでなければならない。
② この法律で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように努めなければならない。
第2条【労働条件の決定】……
人種差別撤廃条約(抄)(あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約)
[人種差別の定義]
第1条 1 この条約において、「人種差別」とは、人種、皮膚の色、世系又は民族的若しくは種族的出身に基づくあらゆる区別、排除、制限又は優先であって、政治的、経済的、社会的、文化的その他のあらゆる公的生活の分野における平等の立場での人権及び基本的自由を認識し、享有し又は行使することを妨げ又は害する目的又は効果を有するものをいう。
[当事国の差別撤廃義務]……
女子差別撤廃条約(抄)
第1条【女子差別の定義】 この条約の適用上、「女子に対する差別」とは、性に基づく区別、排除又は制限であつて、政治的、経済的、社会的、文化的、市民的その他のいかなる分野においても、女子(婚姻をしているかいないかを問わない。)が男女の平等を基礎として人権及び基本的自由を認識し、享有又は行使することを害し又は無効にする効果又は目的を有するものをいう。
第2条【締約国の差別撤廃義務】……
児童(子ども)の権利条約(抄)
第1条【子供の定義】 この条約の適用上、児童とは、18歳未満のすべての者をいう。[以下略]
第6条【姓名への権利、生存・発達の確保】……
山川出版社(2010)「詳説政治・経済」


 どうやら、第1条だから特別というわけではないみたい。僕は荻上チキの話を勘違いして「放送法の第1条に明記されているので大前提」なのだと受け取っていた。そうじゃなくて、荻上チキが話したことのポイントは「放送法に“役割”というふうにまず明記されている」だった。

 少し調べたことで「法律の第1条にはその法律の目的が書かれている場合が多い」というふうに理解した。だいたいそんな感じ。



 ところで、日米安全保障条約の序文で句点が一つしかないことに気付いて「蓮實重彦かwwwwwwww」と笑った。

 日本国及びアメリカ合衆国は、両国の間に伝統的に存在する平和及び友好の関係を強化し、並びに民主主義の諸原則、個人の自由及び法の支配を擁護することを希望し、また、両国の間の一層緊密な経済的協力を促進し、並びにそれぞれの国における経済的安定及び福祉の条件を助長することを希望し、国際連合憲章の目的及び原則に対する信念並びにすべての国民及びすべての政府とともに平和のうちに生きようとする願望を再確認し、両国が国際連合憲章に定める個別的又は集団的自衛の固有の権利を有していることを確認し、両国が極東における国際の平和及び安全の維持に共通の関心を有することを考慮し、相互協力及び安全保障条約を締結することを決意し、よって、次のとおり協定する。
山川出版社(2010)「詳説政治・経済」

「たとえば「批評」をめぐって書きつがれようとしながらいまだ言葉たることができず、ほの暗く湿った欲望としての自分を持てあましていただけのものが、その環境としてある湿原一帯にみなぎる前言語的地熱の高揚を共有しつつようやくおのれを外気にさらす覚悟をきめ、すでに書かれてしまったおびただしい数の言葉たちが境を接しあって揺れている「文学」と呼ばれる圏域に自分をまぎれこまそうと決意する瞬間、あらかじめ捏造されてあるあてがいぶちの疑問符がいくつもわれがちに立ち騒いでその行く手をはばみ、そればかりか、いままさに言葉たろうとしているもののまだ乾ききってもいない表層に重くまつわりついて垂れさがってしまうので、だから声として響く以前に人目に触れる契機を奪われてしまうその生まれたての言葉たちは、つい先刻まで、自分が言葉とは無縁の領域に住まっていたという事態を途方もない虚構として忘却し、すでに醜く乾涸びたおのれの姿をもはや郷愁すら宿ってはいない視線で撫でてみるのがせいぜいなのだが、そんなできごとが何の驚きもなく反復されているいま、言葉たるために耐えねばならぬ屈辱的な試練の嘆かわしい蔓延ぶりにもかかわらず、なお「批評」をめぐって書きつがれる言葉でありたいと願う湿った欲望を欲望たらしめているものが、言葉そのものの孕む不条理な夢の磁力といったものであり、しかも、その夢の目指すところのものが、言葉自身による「批評」の廃棄というか、「批評」からそれが批評たりうる条件をことごとく奪いつくすことで「批評」を抹殺し、無効とされた「批評」が自分自身を支えきれずに崩壊しようとするとき、かりに一瞬であるにせよ、どことも知れぬ暗闇の一劃に、人があっさり「文学」と呼んでしまいながら究めたこともないものの限界、つまりはその境界線を投影し、かくして「批評」の消滅と「文学」の瞬間的な自己顕示とが同時的に進行すべく言葉を鍛えておきたいという書くことの背理の確認であるとすれば、誰しも、おのれ自身の言葉の幾重にも奪われているさまに改めて目覚め、書き、そして読むことの不条理に意気阻喪するのもまた当然といわねばならぬ。」
蓮實重彦(1985)「表層批評宣言」

「リンク:文の構造が原因で読みにくい文章 - アンサイクロペディア