読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らないことを調べるブログ

映画の分からないところを調べてまとめる場所にしていきます。

フィドルってかっこいい

 アイルランド音楽とカントリーが似ている。



Traditional Irish Music - Brogan's Bar - Ennis ...


John Denver - Thank God I'm A Country Boy ...


 調べると、カントリーの源流はケルト音楽だった。

源流と成立

北米大陸へ移住してきたアイルランドスコットランドイングランドなどのケルト系やアングロ・サクソン系を中心とした西欧・北欧・東欧系の移民が持ち込んだ音楽、特にケルト音楽やヨーデルポルカなどがアパラチア山脈一帯やアメリカ北東部からアメリカ南部にかけての山岳丘陵地帯の農村などで様々な音楽の影響を受け、オールドタイム・ミュージックやヒルビリー・ミュージックと呼ばれるアメリカ民謡の基礎を形成する。

カントリー・ミュージック - Wikipedia


 スコットランド音楽といえばバグパイプを連想する。


Scottish Fiddle & Bagpipe: Rebecca Lomnicky ...


 “北米大陸へ移住してきたアイルランドスコットランドイングランドなどのケルト系やアングロ・サクソン系を中心とした西欧・北欧・東欧系の移民”について、地理の教科書にこう書いてある。18世紀から19世紀後半にかけてアメリカ移民の出身地域が変化してる。

 独立時のアメリカは、イギリスからの移民が中心であり、WASP(白人・アングロサクソン<イギリス系>・プロテスタント<新教徒>)とよばれる人々が、その後のアメリカでの政治や経済、文化の支配階層をつくっていった。
(中略)
 ヨーロッパのなかでも、初期にはイギリスやアイルランドの出身者が多かったが、19世紀後半になるとドイツや北ヨーロッパなどの北西ヨーロッパ出身者が増加し、さらにイタリアやギリシャなどの南ヨーロッパ出身者が多くなるなど、出身地域は変化している。
二宮書店(2012)「新編詳解地理B」


 北ヨーロッパってこんな感じ?


Swedish traditional folk dance: Västgötapolska ...


赤ずきんっぽいなと思って調べるとスウェーデンが発祥だった。

作品としての赤ずきんで最も古いものは、1697年にフランスで出版されたペロー童話集の中の『赤ずきん』であるが、それ以前の話としてスウェーデンの民話『黒い森の乙女』やフランスに伝わるメルヘン[1]など類話が確認されている。

赤ずきん - Wikipedia


 移民が北アメリカに来たのはもっと前じゃなかったっけ、と思って調べると16~17世紀にフランス・スペイン・イギリスが植民を開始してる。

略史 16世紀中頃までにフランス、スペインが探検や植民を開始。1607年、最初の英国植民地がヴァージニアに創設され、1620年清教徒プリマスに到着した。1733年13の自治植民地が成立し、1775年独立戦争が始まった。1776年東部にある13の植民地が独立を宣言、1783年独立が認められ、1787年アメリカ合衆国が誕生。
二宮書店(2010)「データブック オブ・ザ・ワールド」


 スペインのガリシア地方にもケルト音楽が根付いてる。


Spaniard. Carlos Nuñez, Galician folk, Spanish ...

5世紀から6世紀にかけては、スエビ王国(ガリシア王国)の中心地であったが、584年に西ゴート王レオヴィギルドに征服された。この時代に、ガリシア北部ブリトニア(es:Britonia)にブリトン人移民による司教座ができた。このブリトン人たちは、アングロ=サクソン人のグレートブリテン島侵攻から逃れてやってきた人々である。

ガリシア州 - Wikipedia


 ここまで、フィドルが登場する動画をいくつか貼ってきた。でも一番好きなのはこれ。

 
Celtic Woman - Máiréad - Granuaile&#39;s Dance [HD ...


 妖精かと思った。フィドルってかっこいい。ハイライトは2:52~のここだよなと思う。

f:id:Hokanoko:20140504170417p:plain