読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らないことを調べるブログ

映画の分からないところを調べてまとめる場所にしていきます。

「監督クリストファー・ノーラン」またお前か!

 最近観た映画。

ひみつの花園(1997)
X-MEN: ファースト・ジェネレーション(2011)
沈黙の報復(2007)
プレステージ(2006)

 のだめっぽい主人公のコメディ「ひみつの花園」が面白かった。ラストの意味は、自分だけのお金を数えるためにそれを叶える秘密の場所を作ったということだと思う。好きなのは、主人公が不純な動機を変えないままスペシャリストになっていくところ。いいなと思った。意識高い系よりずっと好き。

 セガール映画「沈黙の報復」がギャグなのか真面目なのかわからなかった。アクションが盛り上がらない。他のセガール映画はどうなんだろ? たぶん、はずれクジを引いちゃったようなものだと思うので、セガール映画自体への期待値はまだ高い。

 人生を犠牲にするかどうかで対決するマジシャン二人の映画「プレステージ」は好き。テーマの設定と魅せ方が上手いよなと思う。好きなんだけど、不可解な出来事の起こる理屈がアンフェアなんだよな。映画中盤、電流に反応してクローン人間を生み出す謎の機械が登場する。これがとても不自然。もしかしたら自分にも起こるかもという共感が消え失せた。ダークナイトもそんな感じだったなとぼーっとエンドロールを眺めていたら「監督クリストファー・ノーラン」またお前か!