読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らないことを調べるブログ

映画の分からないところを調べてまとめる場所にしていきます。

ピッチフォークが腹に刺さって即死するシーンだよなと思っていたけど細かいところがちょっと違った

 怖い死に方といえば、オカルトな子供たちが街を侵略していく映画「光る眼」(1995)で、農夫がサイコパワーで操られてピッチフォークを持ったまま高いところに登らされて枯れ草の上に飛び降りたらピッチフォークが腹に刺さって即死するシーンだよなと思っていたけど細かいところがちょっと違った。ピッチフォークじゃなくてホウキだし貫くのは心臓だし、死ぬ人はホウキの柄でほっぺたをこづいてくる嫌な感じのおじさんだったから、これはあとで死んじゃうなってヒヤヒヤわかるようになってた。


Village of the Damned (1995) - YouTube