知らないことを調べるブログ

映画の分からないところを調べてまとめる場所にしていきます。

ヒロインの語る思い出は色調が狂っている「シザーハンズ」

 きょう職場で「この仕事はほんとすごい、まさかこんなに早く完成するとは」って褒めてもらった。突然のことで挙動不審になっちゃった。うれしいなあ。なんだか今日はとてもにこやかな日だった。でも、これがもし躁ならやばいので気をつける。
 
 最近みた映画。
 
 シザーハンズ(1990)

 ハサミ人間が傷心する映画「シザーハンズ」は、結構好きだった。豚が頑張る「ベイブ」のラストもそうだけど、何か頑張ったことを誰かが褒めてくれる展開は、とてもグッと来る。さらに、受け入れてもらえるか不安でいる様子が描かれていると、なお良い。シザーハンズもベイブも、わりと無責任に「大丈夫」って言ってくれるサポーターがいる。これは重要。
 
 でも、エドワードのことを本意ではないとはいえ貶めた上に、それを美談にしているあのヒロインはどうなんだ。自白すれば事態が変わるかもしれないのに、そんな状態でよく踊れるなと思う。ラストの幼女の「なんで会いに行かないの」って発言はとても的を射ている。悪い女にひっかかってエドワードかわいそう。
 
 ヒロインの語る思い出は色調が狂っているので、たぶん超面白い映画「カリガリ博士」的な隠喩や、ヒロインの強い思い出補正がかかっているんだろう。だとすると、ヒロインが登場するまでの物語はどこまでが本当なのか? ああでも、やりすぎるとファンが勝手に想像する設定になっちゃうな。やめとく。
 
 エドワードが不憫だけど、いらいらしたからって壁紙をハサミでがりがりしちゃだめだよって思う映画だった。
 
 あ、あと、エドワードの倫理観を教育するためにヒロインパパが「落とし物の札束があったらどうする」って四択問題を出したところ、エドワードの回答は「愛する人へのプレゼントに使う」で、パパは「いやそれは共感するけど気持ちの問題じゃなくてこれは善悪の問題なんだ」って咎める。で、型にはまってつまんない親みたいな展開になるんだけど、ちょっと違うんじゃないの? だって、札束を落とした誰かの事を考えたら気持ちの問題で交番に届けるのが妥当だって思えるでしょ! ふつうに気持ちの問題あるいは想像力の問題だと思うんだけどなあ。そう言っていれば、エドワードとヒロインにも言葉が届いて、あんなことにはならなかったかもしれないのに。