知らないことを調べるブログ

映画の分からないところを調べてまとめる場所にしていきます。

pythonをandroidのkivylauncherで実行

 androidpythonが動いた。kivyというGUIライブラリを使った。同じコードでwindowsでも動く。ソースコードは以下。

# -*- coding: utf-8 -*-
from kivy.app import App
from kivy.uix.label import Label
from kivy.core.text import LabelBase, DEFAULT_FONT
LabelBase.register(DEFAULT_FONT, "Myrica.ttc")
class IntroKivy(App):
    def build(self):
        return Label(text=u"どうやってやればいいんだろう?")

if __name__ == "__main__":
    IntroKivy().run()

 windowsではこんなふうになる
f:id:Hokanoko:20170206153958p:plain
 androidではこんな感じ
f:id:Hokanoko:20170206154008p:plain


windowsにkivyをインストールする

 公式のガイド(参考1)の「Installation」に従う。コマンドプロンプト
python -m pip install --upgrade pip wheel setuptools
python -m pip install docutils pygments pypiwin32 kivy.deps.sdl2 kivy.deps.glew
python -m pip install kivy.deps.gstreamer
python -m pip install kivy
を実行するとファイルがダウンロード・インストールされる。全部で150MBくらい。


参考1: Installation on Windows — Kivy 1.9.2.dev0 documentation



kivylauncherで実行

 kivylauncherはandroidでのkivy実行環境。Google playにある。使い方は、公式のガイド(参考2)の「Packaging your application for the Kivy Launcher」に書いてある。従う。/sdcard/kivyに適当なディレクトリを作ってmain.pyとandroid.txtを入れたら動いた。

 ちなみに、デフォルトで日本語に対応していない。なのでフォントを入れてあげる必要がある。ぼくはMyrica Mを入れた。


参考2: Create a package for Android — Kivy 1.9.2.dev0 documentation




 androidアプリを作れるようになった。しかもpythonで。javaはパズドラのクローンを作ってうんざり。もう触りたくない。kivyはなんだか楽しそうだ。目標のアプリはプレイリストをいい感じに作ってくれる音楽プレイヤーだ(参考3)。できるといいな。


参考3: 仕分けの日々、ほしいandroidアプリ - 知らないことを調べるブログ