知らないことを調べるブログ

映画の分からないところを調べてまとめる場所にしていきます。

将棋が沼だというのは覚悟していたが

 いくつかの提出課題がまだ残っている。きょうは起きてからずっと勉強をしていた。眼精疲労がつらい。体に無理がかかっている。しかし、一週間後に学校の試験がある。息抜きに何か違うことがしたい。そこでブログを書く。

 

 

 一年前、基本情報技術者という試験に合格した。で、先月応用情報技術者という試験を受けた。年末に合否がわかる。手応えはそこそこあるので余裕がある。基本情報技術者の時は手応えがなかったので余裕がなかった。今回は気が楽だ。情報処理技術者試験には高度区分という試験がいくつかある。受けてみたい。他にも受けてみたい資格試験があり、来年はそのうちのいずれかを受けてみようかなとぼんやり考えている。

 

 資格を取る余裕があるほどには、学校の単位取得が順調にいっている。単位取得のためのレポートの多くでは、「〜についてあなたの考えを述べなさい」という問いを出される。そのとき、それなりに言いたいことを書くことができている。ひょっとすると、このブログでの感想文書きが、引用ありの長文を書く訓練になっているのかもしれない。

 

 しかし……とうとう将棋を始めてしまった。楽しい。おかげで勉強に身が入らない。将棋が沼だというのは覚悟していたが、沼の性質をわかっていなかった。やっていて楽しい瞬間がごほうびだとすると、ごほうびの回数が多い。将棋では部分的な最善手を定跡や手筋と呼び、これが大量にある。初歩的なものは実戦ですぐに活きる。ごほうびである。喜び、次の手筋を覚えようとなる。勝てるコンピュータのレベルが上がる。喜ぶとなり、沼に沈む。棋力は向上したが、一日の行動ポイントを将棋にごっそり持っていかれている。眼精疲労の原因はスマホでの対局だとおもう。

 

 

 いま僕は将棋だ。ぴよ将棋5級と互角になってきた。いつ初段になれるだろうか。