知らないことを調べるブログ

映画の分からないところを調べてまとめる場所にしていきます。

isorespin.shとrEFIndでapollo lake搭載PCにlinux mint18.3をインストールする

 n3450搭載のlaptopを買った。が、sublime textの日本語入力がおかしい。windows10で画面表示を100%ではなくしているのが原因らしい。linuxのほうが使いやすい。

 

 が、apollo lake搭載のPCには普通にやるとlinuxが入らない。どうやら、isoイメージを再構築してブートマネージャーを変更する必要があるみたい。いろいろ試した結果、以下の手順でlinuxmintが起動した。

 

  1. linuxmintのisoイメージ(約2GB)をここからダウンロードする。:https://linuxmint.com/edition.php?id=248
  2. isorespin.shをここからダウンロードする。:https://goo.gl/ZnUd6H
  3. refind-bin-0.11.0.zipをここからダウンロードする。:https://sourceforge.net/projects/refind/files/0.11.0
  4. 解凍したrefind-bin-0.11.0フォルダ、linuxmintのisoイメージ、isorespin.shを作業フォルダにまとめる(僕は適当にrespinとした)。
  5. 必要なパッケージをインストールする。sudo apt-get install -y squashfs-tools xorriso zenity curl
  6. isoイメージを再構築する(約30分かかる)。./isorespin.sh -i ~/linuxmint-18.3-mate-64bit.iso -b rEFInd
  7. 再構築したisoイメージをUSBイメージライターでUSBメモリに書き込む。
  8. bios画面で起動順序を変更し、USBメモリからrEFIndを起動。

 

 タッチパッドが認識されずに困ってる。ここのやり方を試すつもり。:https://qiita.com/mix_dvd/items/7b2f1fe86ae6575bdc03

 

追記2018/02/17

サスペンドして復帰するとタッチパッドが使えるようになった。よかった。:Comment #125 : Bug #1728244 : Bugs : linux package : Ubuntu